●腐蝕加工(納品まで約2週間かかります。)
ステンレス・真鍮の文字を彫り込みますので、高級感があり、長期間の耐久性に優れています。



●シルク印刷(納品まで約2週間かかります。)
タイルを除くすべての素材に印刷可能な、耐久性に優れた仕上がりのキレイな定番印刷です。



●サンドブラスト加工(納品まで約2週間かかります。)
タイル・ガラス・木製品の文字を「彫り込み」「浮き出し」にする加工方法です。


 金具サイズは2種類のみです。
(●中:60×120mm ●小:30×120mm)

●ステンレス●アクリルパール●真鍮●うるし●一位フレーム
表札の取付は、お近くのホームセンター等で、速乾ボンド又は強力両面テープをお買求めの上、直接壁面へ接着するか、備え付けの金具をご使用下さい。

速乾ボンドをご利用の場合

両面テープをご利用の場合


エポキシ系の金属専用接着剤をご利用下さい。
例:セメダイン/スーパーXクリア

超強力両面テープをご利用下さい。
(雨のあたる場所と凹凸面での使用はできません)
例:コニシ/高性能ボンド・両面テープ

※ホームセンター等で様々なタイプのテープが売られています。
注:金具の縁で手を切らないようにお気を付け下さい。

1. 表札側へ付く金具の下側にボンド又は両面テープを貼り、表札に印してある線に合わせて金具を取付けます。

2. 壁面への取付けは、ボンド又は両面テープを貼り直接壁面に取付けて下さい。

3. 掛穴を利用する場合は壁から釘の頭が2〜3mm位浮き出るように打ち込み、掛穴の丸い部分から釘の頭を入れ、下に軽く引いて下さい。




●ガラス表札の取付方法 ※必ず2人以上で取り付けして下さい。

取り付ける位置に表札を合わせ、ビス止め用の穴の中央にペンで4ヶ所印をつけます。 印をつけた場所に、ドリルで直角に穴を開けます。 上記の順番でビス・金具をセットし、ドライバーで1ヶ所ずつ取り付けます。
※4ヶ所ビスを入れるまで7割方の締めつけで行うと取り付けがラクです。
4ヶ所のビスをしっかり止めたら、キャップをビスの頭に被せて完成です。
取付には、電動ドリルが必要です。
※ホームセンター等で4,000〜5,000円程度で販売しています。
注:コンクリート壁・レンガ壁への取付けは個人ではできません。
取付ける場合は建設業者に依頼して下さい。


●タイル表札の取付方法 
タイル表札は必ず、タイル用ボンドをご利用になり設置して下さい。

※取付金具は使用不可
※ボンドメーカー指定の取付方法にそってお取付け下さい。



●一位・桂・松(木製)の取付方法 
木製表札には裏面に掛け穴がついています。


 文字色は9色あります。下記の中から、ご自由にお選び下さい。
※2色の場合はこの中から2種類お選び下さい。




1.


2.


3. グリーン


4. ゴールド

5. シルバー

6. ホワイト

7. ブルー

8. ライトグリーン

9. レッド
※印刷した場合、若干色が変わる場合がございますのでご了承下さい。



●シンナー等で表札を磨くと文字が消える恐れがありますので、絶対にふかないようご注意下さい。
※汚れが気になる場合は歯磨き粉で軽く拭いてください。
●真鍮素材は、設定場所により時間の長短はありますが、多少黒く変色します。
※金属磨き剤、「ピカール」で軽く拭き取ると元の色に戻ります。
●表札の表面を固いものでこすると、文字がはがれたり、素材にキズが付きますので、ご注意下さい。
●速乾ボンドが定着するまでの仮止めに、粘着テープを使用する場合は、文字に絶対かからないようにして下さい。硬化していない場合、文字がはがれる事があります。
●日常のお手入れに漂白剤等の強力な洗剤を使用することは素材を変色させる場合もありますので、使用しないで下さい。
●取付後の磨き剤として希硫酸・塩素系のものは、素材が溶ける場合もありますので絶対に使用しないで下さい。
●うるし素材は門柱等のモルタル埋込みはできません。素材が変色します。