印鑑の話 印材について

印材について
柘(ツゲ) 柘は植物性の印材として古くから使われてきたもの。
緻密で硬く、見た目にも美しいですが、象牙、オランダ水牛、黒水牛に比べ汚れやすく、磨耗や破損の度合いが多いので永年使用するものや使用頻度の多い重要印には不向きです。
黒水牛 黒水牛は水牛の角を加工し、漆黒に染めたもの。
粘りがあって印材に適していますが、乾燥にやや弱いので長く使われずに保管する時は、油などを塗られるといいでしょう。
黒水牛は芯持ちを使用するのが一般です。芯持ちでなければ、永年の使用に耐えられません。
当店で使用している黒水牛は全て芯持ちを使用しておりますのでご安心下さい。
シープホン 羊の角です。色はべっこう色をしており、自然の物ですので、ひとつひとつ微妙に色の濃さに相違があります。
琥珀 針葉樹の樹脂が何千年もの時代を経て、神秘の化石となったものです。
その美しい輝きと色合いゆえに「太陽の石」「人魚の涙」などと形容 されております。
象牙に並ぶ高級印材です。
オランダ水牛 オランダ水牛は白っぽい飴色に茶色の模様が入った美しい印材です。
美的感覚に優れます。純白オランダ水牛に比べると安価でお買い求めやすいと思います。
同じ模様は2つとありませんので、個性のある印材です。
品質的には純白オランダ水牛と遜色はありません。
純白オランダ水牛 純白オランダ水牛はオランダ水牛に比べ茶色の模様がなく、取れる本数がオランダ水牛よりも少ないためにオランダ水牛に比べ希少価値がある印材とされております。
色は飴色の美しい印材です。
マンモスの牙 シベリアの永久凍土から発掘された非常に貴重な印材です。
この印材は3万年前以上前のものです。
材質的には本象牙となんら遜色はありません。(象の祖先のため)すでに絶滅してしまっているために希少価値があります。
当店のマンモスの牙はロシア科学アカデミー古生物学研究所による産地証明書が付きます。
特選本象牙 象牙はその材質に粘りがあって、彫刻に適しており、ひび割れや虫喰いが起こらず適度な軟らかさと美しい光沢を持ち、加工、耐久性はもとより、重量感に優れ、朱肉とのなじみもよく、印影が鮮明。使うほどに風格がでてきます。
印鑑材料として最も適したものです。
特選本象牙は一番数多く流通している本象牙です。
高級本象牙 特選本象牙よりも本象牙の内側で取れる印材です。
最高級本象牙 本象牙の芯に限りなく近い場所でのみ取れる印材です。1本の本象牙から取れる数もかなり少ないです。
極上芯持ち本象牙 本象牙の中心部(芯の部分)からしか取れない非常に貴重で高価な印材です。
本象牙1本から限りなく少数しか取れません。
 
・印鑑のサイズについて ・書体について ・印鑑の色々なお話




前のページに戻る

 
Copyright 2001 KOUBUNDOU. All right reserved. 禁・無断転載