印鑑の話
書体について

 

書体名
書体の特徴
書体の印影

篆書体

(てんしょたい)

漢字の基本。
典雅、流麗にして重厚、風格のある印影をつくります。
実印に限らず全ての印鑑に適します。
 篆書体

細篆書体

(ほそてんしょたい)

篆書体を外枠を太く、中の文字を細くした書体。  細篆書体
印相体
(いんそうたい)

篆書体を基礎にして意匠化したもの。
印象が柔らかと、今最も多く使われている優れた書体です。

印相体
古印体
(こいんたい)
隷書をもとに、丸味を加えた書体。
大和古印の伝統を受けついだ日本独自のものです。
古印体
隷書体
(れいしょたい)
秦の時代につくられた実用書体。篆書を簡略化し直線的にしたもので、バランスがとれ読みやすいです。
隷書体
楷書体
(かいしょたい)
日常用いている、なじみの深い標準書体。
隷書体から転化した字形の方正なもの。
楷書体
行書体
(ぎょうしょたい)
楷書体と草書体の中間の書体で楷書体の画をやや崩したもの。
行書体
草書体
(そうしょたい)
行書を更に崩し点画を略したもの。
一般的ではありません。
草書体
・印材について ・印鑑のサイズについて ・印鑑の色々なお話


 

前のページに戻る

 
Copyright 2001 KOUBUNDOU. All right reserved. 禁・無断転載